終活11:老いるということ

老いるということを科学的に学ぶこと、大切だなぁと

『老い』はつらいことなのだろうか。

だんだん枯れるように、体も心も衰えていく。

それは、老いの時代に入れば、ごくごく自然なこと

個人差はかなりありますが・・・。

『死』は、どうなることなのだろうか

まだ、ちいさな子どもだったとき

お盆のお墓参りがとても怖かった

小さな手で一生懸命に提灯をもち

提灯のろうそくが消えないように集中することで

暗闇から少しでも逃げようとしていた。

こんな暗くさみしい所に入るなんていやだ・・・と。

人生は円環~生れきて、また生まれくる次の未来へ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です