終活17:実家の後始末その後

3ヶ月に及ぶ格闘の末、実家の最後のゴミの処分がようやく終わりました。

今の場所に引っ越して、30年、

両親の結婚生活である約60年に渡る荷物の処分は

想像を絶するものがありました。

おそらく、5トン以上のゴミを処分しました(>_<)

まだ、整理しなければないないダンボールが山積みです。

暑い最中、両親の介護と平行で行うのは

肉体的にはもちろんですが

精神的なダメージが思ったより大きかったなぁと。

ゴミの処理代も膨大な額となり (>_<)

経済的にも肉体的にも、そして、何より精神的に大変なことでした。

不要なものはできるだけ持つまいと決意した日々でした。

終活のスタートとして転居

その後、父の入院、気がついたら、両親ともに介護が必要になっていて・・・

仕事はもちろんですが、新潟スロバキア協会のことやらあれやこれや

この数ヶ月の自分が思い出せない・・・。

じばし、うつ状態だったのかなぁと。

「あ~、私って変だったかも・・・」と冷静に振り返れるようになったのも

父が想定外に元気になってくれて退院できたこと

ケアマネさん、ヘルパーさん、生活応援隊、友人、事務所のスタッフ等々、

そして、ディサービスやショートステイも活用したり

周囲で支えてくれる人の輪や制度があればこそ!です。

みなさま、本当にありがとうございます。

両親が落ち着いてきたことで

鏡の中に映る自分の表情が「生きている」って感じになりましたぁ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です