終活44:学び(『税金』のこと)

少子高齢化の時代背景の中

一人に託された家は、土地は・・・その後始末は?

便利な場所であったら、売却できるかもしれません。

借り手がいたら貸すことも可能に。

そんなとき、収入は嬉しいけれど、

もう一つ避けては通れないのが『税金』のこと

売れたら、譲渡所得で、所得税の申告納税が必要に

貸したら、不動産所得で、やはり、所得税の申告納税が・・・

遠く離れたふるさとの不動産の管理がままならないから

面倒みてほしい・・・不動産の贈与を受けたら、

もらった人は、贈与税の申告納税が必要に。

平成27年1月1日より相続税は大改正に。

基礎控除額が6割に圧縮されたことにより、

相続税申告納税が必要になるケースが・・・。

所得税や贈与税申告納税は、翌年3月15日までに

相続税申告は、被相続人が死亡した日の翌日から

10か月以内に行うことになっています。

いざとなったときに、慌てないためには

まず、税金のこと知っていることが大切になります。

学びの機会を持ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です