終活45:学び(終活セミナー&定例相談会)

最近の両親、父は退院・母は退所。

父のお友達は、テレビ&ワンコ。

足が弱っているので仕方ないのとは思いつつ

身体を動かしたり、人と会ったりすること

今日の用事(きょうよう)と今日行くところ(きょういく)

が大切なのですが・・・。

母は、杖をつきつつ買い物へ。

こちらも足腰が弱っていること、

耳もかなり遠くなってきているので心配なのですが。

留まるところを知らない買い物依存症。

高いものを購入する訳ではないけれど

冷蔵庫にたまごが50個!野菜庫も冷凍庫も満杯!!

年寄り二人世帯・・・誰が食べるのやら・・・。

さらに、おやつ三昧で、ワンコがあっという間に超まんまるに。

慮ることてんこ盛りです。

55歳過ぎたら、見たくなくても親の老後に直面、無視できず。

そして、自分の衰えも実感する毎日です。

現状把握、そして、学ぶこと、考えること、行動すること、大切だなぁと。

先日の終活セミナーでの感想からも

「まず、学ばないとなんですね~」と。

学びの機会を増やしていけたらと思っています。

毎月第3土曜日に定例相談会も開催しています。

(Art税理士法人にて相談料3,000円/30分予約制)

①老いを見つめる心のあり方、医療、介護など(担当:ドクターフキコ)

②お金、相続、贈与、遺言など(担当:渡邉)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です