終活52:健康コラム 「糖化」と「酸化」とエイジング

いつまでも健康で若々しくいたいということは、誰もが願うことでしょう。

最近、老化を進める要因として、「糖化」と「酸化」という言葉を耳にするようになりました。

簡単に言うと、「糖化」は体内で糖質とタンパク質が結びつき、タンパク質が劣化してしまう現象のことです。

タンパク質は体の主な構成成分なので、劣化すると肌のシワ・シミ、認知症、白内障など様々な老化現象の原因となり、血管が劣化すると動脈硬化などが起こると言われています。

 

「酸化」は、体内で酸素を使う際に作られた活性酸素が細胞を傷つける現象で、がん、シワ・シミ、糖尿病や脂質異常症、動脈硬化などの原因になると言われています。

活性酸素が増える要因には、加齢、ストレス、食品添加物、タバコ、激しい運動、多量飲酒、紫外線などがあります。

この他にも、健康に関する情報はテレビや新聞など、いたるところで目にします。

「健康でいたい」という気持ちでいろいろな情報を見る方も多いと思いますが、それによって不安を感じたりはしていませんか?

「これがいい」と言われると、それをきちんとできないことに不安やストレスを感じてしまう人もいます。

健康のために始めたことが、かえってストレスになって毎日の生活が楽しめないのでは、本末転倒ですね。

 

では、健康情報とはどう付き合えばいいのでしょうか?

私が日々相談を受けていて思うのは、何事もバランスを意識すればいいのではないかということです。

例えば食事であれば、体にいいものを取り入れながらも、そればかりに偏るのではなく、好きなものも食べていいと思います。

その際は量を調節したり、味付けを濃すぎないようにしたり、添加物をとりすぎないようにして、できる範囲でバランスをとりましょう。健康的に食事を楽しめるといいですね。

 

気持ちのバランスをとるには、自分の中の「〇〇すべき」「〇〇しなければ」という思いを見つけて、それを少し緩めてみるのがオススメです。

自分に制限したことは無意識に人に対しても「こうすべき」と思ってしまいがちなので、自分も人も苦しくなってしまいます。

 

このように、食事や運動や心の持ち方など、無理せず心地良く過ごせるようなバランスを心がけてみてはいかがでしょう?

 

今回は「糖化」「酸化」から始まり、健康情報との向き合い方について私の考えるところを書かせていただきましたが、健康で幸せなセカンドライフのために、「アンチエイジング」もいいけれど「豊かなエイジング」について、もっと皆さんと考えていけたらと思っています。

終活51:めざせ!ピンコロ人生

魔法のランプの精に何を望むかと聞かれたら、あなたは何をお願いしますか?

今の私は「ピンピンコロリの人生」をお願いします。

私は3人目の高齢者介護を経験中です。

 

漠然と自分だけはまだまだ大丈夫って思っていました。しかし、60歳にさしかかる頃からスコーンと約束を忘れたり、思い込みによるミスが目立つようになり「確認」作業が欠かせなくなりました。

 

あぁこの感覚、覚えあるあるです。

 

「何度も何度も同じこと聞かないで!」「さっき言ったばかりじゃない」

「も〜、だから、変更になったんだって!」

「ここに自分で書いたでしょ!見なさいよ!」

 

一度インプットするとなかなか変更ができない。

自分の記憶に自信がなくなって何度も確認する。

 

自分の中でこの状況が始まっていることを感じています。

月齢を重ねる子どもの昨日できなかったことが今日できるようになっているというヒトの成長のすばらしさを見つつ、ある年代を越えると昨日できたことが今日できなくなっているという現状を目の当たりにすることになるのです。

 

不老不死は古今東西最重要トピックです。

若い頃は?でしたが、この年になると理解できます。不老不死はともかくとして、なんとかピンコロで人生終われないものかと考えます。

 

祖母は104歳で大往生。才色兼備な明治生まれの大和なでしこでした。しかし、87歳で大腸がんによる腹膜炎で手術をしてからはあれよあれよと言う間に認知症が進みました。

父のときは体格がよくて丈夫だったため誰も制しする事ができない徘徊等で各施設からお断りされました。さらにまだらボケも厄介いで、一見するとしっかりしているので周囲もとまどいます。銀行や取引先に出向いて家に帰れなくなったり、真っ当そうな事をとうとうと何時間も弁じたり、親戚に電話をかけて不安からくる妄想を語り、親戚から親に心配かけるなと私が諭されたり。

おしめは自分ではずすし、トイレで排泄ができなくなり部屋中に新聞紙を敷きつめて対処したりと下の世話だけでも疲労困憊でした。

誤嚥性肺炎で動けなくなった時は申し訳ないけど正直ホッとしました。医師から回復の見込みが低い事を告げられたにも関わらず復活したときは、良かったと思う反面、まだ続くのかと思うと両肩にずっしり重圧を感じました。

 

祖母も父も母も高齢になって自分が子どものお荷物になるなんてことなど望んでいません。長生きしたいと特に願っていたわけでもないと思います。自然な命の営みによるのだと思います。

 

ただ、一方で自然に任せてそれで良いのか?

という疑問が私の中にふつふつと湧き上がります。

自分でコントロールできるところはないのだろうか?

ピンピンコロリは幻想なのか?

 

これらの問いに自分なりに答えていきたい。

それが私の最近の大きなテーマです。

 

老いに贖ったり、老化と戦うのではなく、老いを味方につけて老いを楽しむことができたらピンコロも現実のものとなるのではないかと考え始めています。

 

これから、このブログにアイディアと実践記録を投稿してみなさんと共有していきたいと思います。

 

老いを味方にするアイディアを絶賛募集中!